Raspberry Piで使用するSDカードをバックアップする

RaspbianがインストールされたMicroSDカードをバックアップする方法について記載します。

バックアップの方法

Raspbianのバックアップを取得する方法は、
1.Win32 Disk Imagerを使用し、SDカードのイメージを取得する方法
2.Raspbian SD Card Copierを使用し、SDカードのイメージを取得する方法
の2種類があります。

1は、Raspberry PiからSDカードを抜き出し、Windows機に挿し込んでイメージを取得します。
2は、Raspberry Piを起動した状態で、Raspberry Piに接続したSDカードリーダにイメージを書き込みます。
2はOSを起動した状態でシステムファイルのコピーを行うこともあってか、不具合報告もあるようなので、ここでは1でバックアップの取得・復元を行います。

バックアップの取得

1.Win32 Disk Imagerをダウンロードします。
https://ja.osdn.net/projects/sfnet_win32diskimager/

「Win32DiskImager-1.0.0-binary.zip」をダウンロードし、適用なフォルダに展開します。
プログラムの実体は「Win32DiskImager.exe」です。

2.SDカードをWin機に接続して、Win32 Disk Imagerを実行します。
ImageFileにバックアップファイル名を設定します。
DeviceにバックアップするSDカードを指定します。
バックアップ設定を入力後、Readをクリックします。

(補足)NOOBSを利用してセットアップしたRaspberry PiのSDカードですが、
Windowsで奇妙な認識をします。この場合、boot(j:)の指定で正しくバックアップを取得できました。
もしかすると、そのSDカードの属するパーティションなら何でも良いのかもしれません。(未検証)

バックアップの復元

1.SD Formatterをダウンロードし、インストール。
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

2.SD Formatterでフォーマットを実行する。
対象のSDカードが属するパーティションを指定し、フォーマットをクリック。

3.Win32 Disk Imageを起動し、バックアップの復元を実行する。
ImageFileにバックアップファイル名を設定します。
DeviceにバックアップするSDカードを指定します。
バックアップ設定を入力後、Writeをクリックします。